鹿島灘サーフヒラメアングラーの黙示録

鹿島灘サーフヒラメアングラーの黙示録

鹿島灘などの遠浅サーフでどうしたらヒラメを釣る事が出来るのか考えてます。

MENU

釣り専用SNSアングラーズに期待している

僕は釣果情報としてTwitter、インスタ、フィッシングラボ、鹿島港魚釣園をチェックしている。

 

 

Twitterやインスタについては今更言及する必要はないと思うけど。

 

インスタは人間関係が希薄で良い

インスタは週一(特に日曜日)に確認している程度で釣果を見たら情報ありがとうの意味を込めてイイねをしている。もちろん釣れなかったと言う事でも僕にはありがたい。

インスタは本当に写真の見せ合いくらいのコミュニティーでコメントのやり取りがあまり無くあっさりした人間関係が僕的には良い。

どこで会話を終わらせると良いのか判断出来ない僕はコメントされると戸惑ってしまう。もちろんコメントされる事自体は嬉しいのだけれど正直怖い、どう怖いのか感覚的に言うと全校集会中に話しかけられる感じ。見えない社会からの同調圧力を僕はネット越しに感じてしまう。

インスタはそう言うやり取りが少ないのとその文字が小さくて見づらいのが良い。(物理)

 

前にも書いたがリールと言う機能に関しては2.5次元の女性達が胸肉を強調して踊っているのを見ると僕は理性を保てなくなるのであまり好きじゃない。

現実世界ではみんなマスクで顔が見えない、そんな中で加工に加工を重ねもはや2.5次元の域に達した女性たちが目立ちたいために胸部をアピールしている。

これはリスクだ、コロナが終息してマスクを外して出かけられるようになった時に2.5次元のロリ顔巨乳たちに見慣れてしまった人類は3次元の女性を見てときめけるだろうか。これはあの国の陰謀に違いない。世界の終わり、始まる。

 

Twitterの出来上がったグループみたいなのが僕は苦手

Twitterは地元の猛者たちの会話から情報を得ている、僕の情報収集力はストーカーレベルでヤバい自分でもそう思う。

なので、出来る限り釣りガールとかミュートしたりしてなるべく見ないようにしてる。

そうしないと僕は理性を保てる自信がない、変なリプして目立とうと考えてしまう、釣りが趣味で一緒に釣りデートしたいとか考えると最高かよ、もう誰か俺だけの釣りガールになってくれさい。

 

ちなみに鹿島灘の凄腕アングラーたちはフォローしてもフォローしてくれないからリストにぶち込んで眺めてる。

 

それと悪口とか陰口が見え隠れてしてるのがすっごく苦手なので被害妄想強めの僕はツイッターの雰囲気が全然得意じゃない。全部自分への悪口に感じる。

 

なのでブログ更新用アカウントは出来るだけ僕を中心にした優しい世界(コミュニティー)ができたら良いなと思って作ったんだけど今のところフォロワー0なので、そう言う意味では僕は誰にも見られない自由なTwitterを満喫できている。

 

2ちゃんの釣果は見ない方が良い

逆に絶対チェックしないのは2ちゃん(5ちゃん)、あれはちょっとネガティヴすぎて見ると魚ってこの世に存在しないんじゃないかってレベルでやる気失くすから見ない方が良い。

 

エリアが違うけど市原市海釣り施設の釣果もたまに見ている

市原市海釣り施設の釣果もたまに確認している、ここでは魚より人が多いと言うリアルな現実を見る事が出来る。

ただサイトが新しくなったら見にくくなった。

 

もちろん施設の釣果が良い日もある、これは堤防釣りでもそうなんだけど自分で場所を選べない(選ばない)釣りは今日は魚の入りが良かった、悪かったと言うことで思考が終わってしまう。

 

サーフで釣りをする魅力は自分がどの場所で釣りをするのかを自分で決められる事、そしてダメだったらその日の釣果を見てその場所の何がいけなかったのかを確認出来ることだと僕は思う。

 

カンパリ

カンパリはユーザーが少なくて寂しいのでそんなに見ない。

 

フィッシングラボ

フィッシングラボは地元ユーザーで毎日のようにヒラメを上げている方が居たので僕は見ていた。

こう寒くなってきてもまだ釣れてるから頑張ろうと思える。

サイトが見づらいので最近見ていなかったが、久しぶりに確認したところまだ更新を続けているみたいだ。

※その人はかっ飛び棒のヘビーユーザーで、僕がかっ飛び棒を信じ抜くきっかけになった。その圧倒的な釣果によって僕に影響を与えた謂わば「かっ飛び神」なのだが僕の中のかっ飛び神は2柱存在していて本当に釣れるルアーだと言う確信になったし。僕自身もいつか誰かのかっ飛び神になれたらと思っている。

 

鹿島港魚釣園の謎

鹿島港魚釣園は「なんで茨城でそんな魚釣れるの?」って言う驚きがあって見てて楽しい。たまに写真も載っているから本当なんだと思う、あそこには特別な何かがある。

 

最近は湾奥でもブルーが釣れる

東京湾の千葉側は木更津くらいまで埋め立てられてて釣りをするなら富津からなんて言われているが最近では市原海釣り施設でもたまにイナダが釣れるようになっている。2017年頃には祭りが起きていたみたいだ。

 

居着きの魚ではないので湾奥エリアでもイナダなら食べて良いかなと思う、ちなみにディズニーランドの裏で釣った尺近いカサゴを父に食べて貰ったが大丈夫なので大丈夫だと思う。

 

O型は寄生虫に強いらしい、胃痛持ち(胃酸が強いタイプ)も寄生虫に強いと言われているので父は寄生虫に対し最強だと言える。

 

色々な説があるが血液型で免疫機能が違うと言うのは面白い、血液型で性格を測ると言うのは4パターンと単純なのであまり信じないけど、もしかしたらそんなに的外れでもないんじゃないかと思える。

 

MBTIテストで血液型に偏りができたりはしてないのだろうか。割とあるんじゃないかと僕は思った。

ちなみにMBTIテストが好きな僕はINFPと言うタイプだ、INFPはMBTIテストにハマるらしいがまったく当たっているので僕はこれを強く信じている。

 

 

さて、僕はアングラーズと言うSNSを紹介するつもりだったのだが酷い脱線だ。もう別記事に書きたいがこうやって下書きがかさんで修正しようがなくて投稿出来ないのが既に山みたいになっていて面倒なのでこのまま書き倒してしまいたいと思う。

 

アングラーズに期待した理由

それはあの前澤氏が年始から大々的に出資をしているからだ。

 

ざっくりした理由だけど、やっぱ何か期待してしまう。去年の末頃にも専属の釣り人の募集をしていたので、前澤氏これは結構本気なのではないかと僕は思っている。

 

これからユーザーもどんどん増えると思うし、釣った魚はスマホの位置情報とかそう言うので日付とか場所を特定させるのかな。

まだあんまり良く分からないけど非公開にも出来るみたいで、投稿するとその日の天気とか色々情報が自動で付くらしく記録用として使うのに便利だと言う書き込みがあった。

※追記

試しに非公開で投稿してみた

f:id:everflat99:20210110012009p:image

ルアーは自分で記入したが、写真を貼っただけで日時が特定されてタイドグラフまで表示された。

位置情報に関しては昔ネットで拾った画像を保存したらその撮った場所が僕のスマホからでも確認できてしまうと言う事があったので情報の恐怖を感じた僕は位置情報の提供は必要最低限にとどめている。

そんな事がありスマホに始めから入っているカメラも信用していないので僕は設定でカメラへ位置情報の提供を外している。

位置情報とカメラがリンクしている人なら写真を投稿しただけで場所も勝手に表示してくれるかもしれない。

 

こうして注目されユーザーも多くなれば釣果情報を得るのに良いし、釣果出して目立てば何か良い事があるんじゃないかと僕は思った。

前澤氏のような前衛的な人たちの多くがお金のない世界を見据えている、好きなことをする事で社会の役に立てる。実現は難しいだろうけどそう言う世界になったら僕みたいな人間と言うのもおこがましい弱い生き物は本当に生きやすくなる。

 

僕の行く鹿島灘に関してはやたら釣果にオープンなエリアだからそんなに場所バレを気にしなくて良い(最近だんだんクローズになってきた気もするけど)、僕は鹿島灘のアングラーが釣果にオープンなところ(雰囲気)が好きだ。

 

なんか書きたかった内容に中身がないんだけど、まあ登録したばっかりでまだ投稿してないからね、時期的に色々と厳しいと思うけど春が来てこの釣果サイトが前澤氏の手によって色々な形で賑わったら良いなと思う。